サイトトップ > サイトマップまで放置

 

育毛トニックの特徴

 

育毛トニック

頭皮や毛髪のケアをするために用いられているアイテムで、育毛トニックといわれるものがあります。

 

育毛トニックを使うことによって頭皮や毛髪が群れたりかゆくならないように改善をしてくれる効果や、頭皮や毛髪を清潔にしていく効果、頭皮の匂い対策やフケ対策をすることが出来るといわれています。特に、頭皮の血液のめぐりをよくして、十分に栄養素を毛髪に送ることが、育毛トニックのメリットといえるでしょう。

 

育毛トニックの成分を見ると、決行を浴させるための成分が含まれていることがほとんどになっています。この他にも、毛髪や頭皮の健康を維持するために必要な栄養素が含まれている商品もあるのですが、基本的に配役成分はまったく配合されていません。

 

ですから、育毛効果を得るつもりなのであれば、育毛トニックよりも育毛剤を使ったほうが効果が期待できるのではないかと思います。おすすめの育毛剤はこちら→育毛剤の最新人気ランキング

 

スプレータイプになっていて頭皮に成分を吹きかけるというタイプの育毛トニックがとても多いです。そのため、頭皮に対して強い刺激を与えやすくなっています。

 

育毛トニックに含まれている成分は副作用のリスクはほとんどないのですが、アルコールが含まれていることが多いですので、ジェットスプレーで頭皮に噴出させることによって、頭皮が炎症になってしまったりかゆくなってしまうこともあるかもしれません。

 

特に敏感肌の方は、肌に強い刺激を受けてしまう可能性もありますから、成分表を確認した上で購入をしましょう。また、使ってみて違和感があったり、かゆみなどをかんじる場合は、使用を続けることはしないようにしてください。

 

育毛トニックというのは、薄毛対策としての効果は期待できるかと思います。ただ、何が原因で薄毛になっているのかによっては、育毛トニックを使用しても効果が現れないかもしれません。

出産後の抜け毛の原因は?

 

出産をしてしばらくすると、髪の毛が抜けてしまって薄毛になってしまう症状のことを、産後脱毛症、または分娩後脱毛症といいます。

 

その人によってどれくらい髪の毛が抜けてしまうのかは異なっているのですが、この分娩後脱毛症を発症してしまう女性というのは、出産したことがある人の半数以上を占めているといわれています。大量の髪の毛が一気に抜けてしまうため、自分の体に異常があるのではないかと不安になった人も多いでしょう。

 

ですが、分娩後脱毛症というのは、しばらくすると症状はなくなり、再び毛髪が生えてきますので、過剰に不安になる必要はありません。妊娠をしているときというのは、積極的に女性ホルモンが分泌されるようになります。

 

この女性ホルモンというのは、毛髪を長持ちさせる働きを持っていますので、髪の毛が抜けて休止期になっていたとしても、ヘアサイクルが狂い、再び伸びてしまうということがあります。

 

これが、出産をしたことで女性ホルモンの分泌が正常になると、休止期に入るはずだった毛髪が抜けていくことになります。これによって、一気に大量の毛髪が抜けてしまい、分娩後脱毛症になるのです。

 

分娩後脱毛症というのは、急激にホルモンバランスが乱れてしまうことが原因になっています。大体の場合は出産をした直後ではなく、出産をして2ヶ月から3ヵ月後に発症するということが多いです。ですが、出産をして半年くらい経過すると、ホルモンバランスも安定して症状も徐々になくなっていきます。そして、その後は、毛髪が普通に生えていき、薄毛が解消されていくので、特別な治療を受ける必要はありません。

 

少しでも早く、分娩後脱毛症の症状を改善したいと考えているのであれば、アミノ酸などの成分をバランスよく食事で摂取していくようにしてください。アミノ酸は毛髪の主成分であるたんぱく質を作り出すために欠かせない存在です。

 

大体の場合は、分娩後脱毛症になっても、出産を終えて半年から1年くらいで治ります。しかし、1年経ったのに、まだ抜け毛が多い、薄毛を改善させることが出来ないという場合は、他のことが原因である疑いもあります。例えば、赤ちゃんの夜鳴きによる寝不足や、育児ストレスなどが原因であることもあるのです。

 

出産後の抜け毛に⇒女性用育毛剤のランキング